ご挨拶Message

 私どもレーザーシステムは、「光技術の産業応用・製品化を通じて広く世界に貢献する」という創業の精神のもと、2004年3月に設立されて以来、レーザー加工装置の開発・製造・販売・保守サービスに取り組んでまいりました。

 デジタル機器やスマートフォン、自動車など、私たちの生活を支える様々な製品には「電子デバイス・半導体・樹脂部品」等のたくさんの部品が使われております。製品のデザインだけではなく、内部の部品も小型化・高性能化・低コスト化など日々進化し続けており、より良い快適な製品にするために日々研究開発が行われています。その一翼を担うのが「レーザー微細加工技術」です。
 このレーザー微細加工技術は、目には見えない微小な領域で、材料の破損や変形、損傷を抑えることができる非接触で様々な加工を実現できる技術です。今後、電子デバイスや自動車分野以外にも医療機器やフラットパネルディスプレイ、各種計測など幅広い分野において、大いに産業応用の拡大が期待されている技術です。
 私どもレーザーシステムは、こうした進化を続ける産業分野に独自のコア技術を用いて、お客様のニーズに合った新たなレーザー加工技術の提案を行ってまいります。
 私どもレーザーシステムの基本理念である「レーザー技術と確かなサービスで世界に貢献する」をモットーに日本の「ものづくり産業」発展のために日々努力を重ねてまいります。

株式会社 レーザーシステム

代表取締役 土内彰

経営理念Management philosophy

「次世代レーザー技術と確かなサービスで、ものづくり産業に貢献し続ける」Made by LaS

「次世代レーザー技術」を日本から世界に発信“し続け”、
基幹技術の提供を通じてものづくり産業の「推進エンジン」となり新しい価値を生み出“し続け”、
「社会の発展、地球環境の保護、人々の安全・安心・豊かなくらし」の実現に貢献“し続け”ます

会社概要Company Profile

会社名 株式会社レーザーシステム(Laser Systems Inc.)
所在地 札幌市西区二十四軒1条4丁目1番10号
設立 2004年3月9日
代表者 代表取締役社長  土内 彰
社員数 54名(2018年2月現在)
事業内容
  1. レーザー加工用「光学エンジン」の開発・製造・販売・保守
  2. レーザー加工装置の開発・製造・販売・保守
  3. レーザー受託加工
資本金 3億3,000万円

拠点Locations

本社

  • 〒063-0801
    札幌市西区二十四軒1条4丁目1番10号
  • 011-613-6388
  • ■札幌市営地下鉄東西線 「二十四軒」駅下車 5番出口より徒歩3分

徳島事業所

  • 〒779-1245
    徳島県阿南市那賀川町中島414番地1
  • 0884-49-5808
  • ■JR牟岐線 「阿波中島」駅下車 徒歩5分

川崎研究所

  • 〒210-0855
    川崎市川崎区南渡田町1-12 THINK研究C棟S603号室
  • 044-589-7378
  • ■JR鶴見線/南武支線 「浜川崎」駅下車 徒歩3分
    ■バス JR「川崎」駅東口より15分 「JFE前」下車 徒歩5分
     ・市営バス6番のりば 川40系統「水江町」「塩浜営業所」「臨港警察署」「JFE」行
     ・臨港バス5番のりば 川24系統「鋼管循環」行

沿革Company History

2004年3月 札幌市北区に会社設立
2005年11月 レーザースクライブ装置 プロトタイプ開発
2006年11月 レーザースクライブ装置 量産タイプ開発
2007年5月 本社を札幌市西区に移転(現住所)
2008年2月 光学エンジン量産タイプ1号機を出荷
2009年3月 光学エンジンの受注増加に対応するため、徳島県小松島市に徳島事業所を開設
2013年7月 徳島事業所の新設に伴い、徳島事業所の拠点を徳島県小松島市から阿南市に移転
2013年12月 レーザー加工装置事業の研究開発拠点を徳島事業所に集約
2015年4月 首都圏の新規顧客開拓を目的として、川崎市川崎区に川崎研究所を開設
2015年4月 研究開発機能の強化を目的として、徳島事業所を増設
2016年7月 首都圏の営業強化を目的として、川崎研究所を増床